「鎮守の森コミュニティ研究所」は鎮守の森と地域コミュニティの新たな形について考えるシンクタンクです

研究員紹介


所長 広井良典 

広井良典 1961年岡山市生まれ。東京大学教養学部、同大学院修士課程修了後、厚生省勤務をへて96年より千葉大学法経学部助教授、2003年同教授。2016年より京都大学こころの未来研究センター教授専攻は公共政策及び科学哲学。著書に『定常型社会』(岩波新書)、『人口減少社会という希望』(朝日選書)、『ポスト資本主義 科学・人間・社会の未来』(岩波新書)など多数。『日本の社会保障』(岩波新書)でエコノミスト賞、『コミュニティを問いなおす』(ちくま新書)で大仏次郎論壇賞受賞。

副所長 宮下佳廣

宮下佳廣1944年函館市生まれ。1966年小樽商科大学商学部卒。同年出光興産株式会社入社、取締役、関係会社社長を経て2005年退職。2006年千葉大学園芸別科入学、大学院園芸学研究科修士課程から博士課程修了、2011年9月博士(農学)学位取得。博士論文テーマ「医療環境の変化に対応した病院緑化と患者・職員の意識の研究」。森林インストラクター・森林セラピストの資格取得。千葉大学法経学部福祉環境交流センター特別研究員。

特別研究員 松尾寿裕

松尾寿裕1981年4月市川市生まれ、2005年武蔵工業大学工学部土木工学科を卒業し、2007年千葉商科大学大学院政策情報額研究科修士課程修了。修士論文テーマ「レーダーチャートによる工業製品の持続可能性の比較分析」。学生時代は土木工学や環境経済学を習得する傍ら、2004年~2007年にNPO法人環境エネルギー政策研究所にて、市民ファンド手法や省エネルギー政策に接した。2005年7月、全国小水力利用推進協議会の設立から小水力発電に関わりを持ち、2009年一般社団法人小水力開発支援協会を設立し、地域主導の再生可能エネルギー開発をサポートする。全国小水力利用推進協議会理事・運営委員、一般社団法人小水力開発支援協会理事。

特別研究員 藤本頼生

藤本頼生1974年岡山県津山市生まれ。皇學館大学文学部神道学科卒業、國學院大學大学院文学研究科博士課程後期修了。博士(神道学)。神社本庁勤務を経て、2011年より國學院大學神道文化学部専任講師。2014年同准教授。専攻は神道と福祉、神道教化論、近現代神道史。修士課程時代には「都市における環境政策と社会運動の一考察」というテーマで、明治神宮をはじめとする神社・鎮守の森の存在とその現代的価値、環境問題と市民活動について社会学的な観点からの研究を行う。著書に『神道と社会事業の近代史』(弘文堂)、『神社と神様がよ~くわかる本』(秀和システム)、『地域社会をつくる宗教』(編著・明石書店)、共著に『郷土再考』(角川学芸出版)、『社会貢献する宗教』(世界思想社)など。


特別研究員 新井君美

新井君美1963年埼玉県秩父郡皆野町生まれ。國學院大學文学部神道学科卒業。神社本庁教学研究所・同渉外部勤務を経て、2002年より秩父地方の総社である秩父神社に勤務の傍ら、住まいのある皆野町の山間地域に鎮座する日野沢大神社をはじめ4社の宮司。2015年より國學院大學神道文化学部兼任講師として神道教化概説を担当。社会保険労務士の資格取得。


特別研究員 馬上丈司

馬上丈司1983年生まれ。千葉県出身。千葉大学法経学部総合政策学科卒業、同大学院人文社会科学研究科博士後期課程修了。博士(公共学)。博士論文のテーマは「再生可能エネルギー政策における地方自治体の役割に関する研究」。専攻は公共政策、エネルギー政策、地域政策。千葉大学法経学部特任講師を経て、2012年に大学発ベンチャーとなる千葉エコ・エネルギー株式会社を設立し代表取締役に就任。全国各地で地域主体の再生可能エネルギー事業化支援や自治体のエネルギー政策支援などを行う。著書に『知ろう!再生可能エネルギー」(少年写真新聞社)。NPO法人ソーラーシティ・ジャパン理事。一般社団法人地域エネルギー研究機構代表理事。


特別研究員 松尾貴臣

TakaomiMatsuo1979年4月17日長崎市生まれ。音楽活動家。千葉大学大学院在学中にCDデビュー。「資本主義から感動主義へ」をスローガンに年間300本以上のライブを行っている。また、本業の傍ら音楽を通じた社会貢献活動にも力を入れており、全国の病院・福祉施設での「ホスピタルライブ」や、教育現場や講演会場での「ゲストティーチャーライブ」など、「歌う坂本龍馬プロジェクト」を展開。公演回数は全国で1400回を超え、その活動が認められ2009年から「高知県観光特使」に就任している。
■オリジナルソング「むすひ」MV
https://youtu.be/mge_Olq53Qw


研究員 小池哲司

専門は自然エネルギー政策。千葉大学法経学部卒業(総合政策)、同大学大学院人文社会科学研究科修士課程修了。修士(公共学)。
千葉大学大学院において広井良典研究室に所属し、再生可能エネルギーと日本古来からある自然崇拝的観念との関わりや、自然崇拝的観念と自然保護や環境保全、里地里山保全等との関わりなどについて研究を行った。
また、在学中に自然エネルギーに関するコンサルティング事業会社「千葉エコ・エネルギー株式会社」の設立に携わり、同社において小水力発電や営農型太陽光発電などの事業化支援を全国各地で実施。
現在は㈱ダイナックス都市環境研究所 研究員。
主な論文として「農山漁村再生可能エネルギー法の成立過程およびその課題」(共著、「千葉大学人文社会科学研究」第31号)がある。

 


連携研究員 中村京子

兵庫県生まれ。大阪音楽大学およびウィ―ン、ミュンヘン等でピアノを学ぶ。ピアノの指導・演奏の傍ら1998年より高齢者施設でコンサートを開催し、この体験から音楽の持つ療法的効果を実感する。2009年に早稲田大学社会科学部卒業。2013年に千葉大学人文社会科学研究科博士前期課程(広井研究室)修了。修士論文テーマは「統合医療としての音楽療法の普及政策に向けて―自治体主導の経済的支援の必要性を問う―」。日本音楽療法学会および日本地域福祉学会各会員。2011年より地域密着型シニア音楽療法「音楽健康さろん」を主宰し現在に至る。森林療法と音楽療法の融合を研究中。

研究員 長谷川南

1988年長岡市生まれ。2012年に都留文科大学文学部(社会学)を卒業し、現在千葉大学大学院人文社会科学研究科博士前期課程(広井研究室)在学中。卒業論文テーマ「環境保全と社会保障から見る持続可能性を持つ社会づくりのあり方-環境保全と社会保障の活動事例を通した統合的な視点からの考察-」。環境再生医の資格取得。



研究員 松葉ひろ美

京都大学こころの未来研究センター連携研究員(上廣倫理財団寄付部門)。千葉大学大学院人文社会科学研究科特別研究員。千葉大学大学院博士後期課程修了(学術博士)。主な論文に「日本の福祉思想と生命観」(千葉大学大学院博士学位論文)、「社会保障の基本原理を求めて――生命を軸とする社会保障理念の可能性」(『週刊社会保障』第2712号)、「ポジティブな社会保障の可能性――ポジティブ・ウェルフェアとポジティブ心理学の統合」(『週刊社会保障』第2868号)等がある。社会福祉士。