「鎮守の森コミュニティ研究所」は鎮守の森と地域コミュニティの新たな形について考えるシンクタンクです

 「鎮守の森コミュニティ研究所(Chinju-no-Mori (Grove of the Village Shrine) Community Research Institute)」は鎮守の森と地域コミュニティそして現代社会との新たな関わりを考えるシンクタンクです。
現代の日本においては、地域コミュニティが希薄化し、また人間と自然とのつながりが薄れ、多くの課題が生じています。
一方、古来から存在してきた「鎮守の森」は、ローカルなコミュニティと自然そして信仰が一体になった場所であり、その意義を再発見・再評価していくことが、現代社会の様々な問題の解決や、伝統に根ざした新たな創造につながるのではないかと私たちは考え、本研究所をスタートさせました。それは“「なつかしい未来」としての鎮守の森”の可能性を探る試みとも呼べるかもしれません。


 具体的には研究プロジェクトとして、
1)鎮守の森・自然エネルギーコミュニティ構想
2)鎮守の森セラピー(森林療法)
3)祭りと地域再生・活性化
といったテーマについての調査研究や実践を進めています。またより広く、ローカルなレベルでヒト・モト・カネが循環する「コミュニティ経済」の分析や、「緑の福祉国家」(エコソーシャルな資本主義)とも呼ぶべきこれからの時代の社会モデルの構想、根本的な価値原理としての「地球倫理」の探求といった、普遍的なテーマも視野に入れて活動を進めていきたいと考えています。


 あわせて、様々なコミュニティ活動に関わる人々、自然エネルギーなど環境や自然保護・園芸等の活動に関わる人々、神社・寺院その他宗教関連分野の人々、医療・福祉分野や様々なケアに関わる人々など、関連する領域の方々をつないだりコーディネートしていく役割も果たしいければと考えており、御関心ある皆様の御連絡をおまちしています。

Welcome to Chinju-no-Mori!

  • 11372総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 69昨日の閲覧数:
  • 5654総訪問者数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 2015年12月16日カウント開始: